top of page

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感

更新日:1月3日

水晶転写ステッカーは、「被貼物に直接印刷されたような」品質を持っています。ボトル、缶、木箱、または曲面の素材には、少量のカスタム印刷が難しいことがあります。一般的な方法はスクリーン印刷ですが、スクリーン印刷では複雑な階調の効果を表現するのが難しいです。水晶転写ステッカーはこの問題を解決する優れた解決策であり、以下の多くの利点があります:

  • 少量で種類も豊富:1〜10kpcsまで対応でき、様々なスタイルを一緒に印刷できます。

  • 多彩な階調:スクリーン印刷に比べて豊かな色彩表現が可能で、白インクベースのため透明感のあるデザインが表現できます。

  • インクジェット印刷のテクスチャー:被貼物にスクリーン印刷のような質感を持たせます。インクの厚さが少なく、ステッカーは薄くて細かいです。角は円弧で、ステッカーの鋭い直角ではありません。

  • 傷に強く、洗濯に耐える:易碎性ステッカーやインクが完全に剥がれない特性があり、したがって洗浄や刷り洗いにも全体が剥がれにくいです(高温または特殊な化学薬品に浸す場合を除く)。

  • 加工が簡単:使用方法は非常に簡単で、水晶転写ステッカーを表面の転写フィルムと一緒に被貼物に貼り付け、次に慎重に転写フィルムを剥がすだけです!

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感

水晶転写ステッカーの印刷原理

初期の水晶転写ステッカーもスクリーン印刷で製造され、以前は「乾式感圧ラベル」と呼ばれていました。通常の「水転写ステッカー」とは異なり、水晶転写ステッカーは水中に浸す必要がなく、転写フィルムで剥がして被貼物に転写できます。スクリーン印刷またはデジタル印刷を使用しても、完成品の効果は類似しています。印刷機器と工程の順序にはいくつかの違いがあるだけです。

  • 水晶転写ステッカーの操作方法、インクを接着剤の底紙に印刷し、それを転写フィルムで覆うことです。

  • 転写フィルムは印刷と全面の接着剤をキャッチし、底紙(離型紙)から剥がすためのものです。

  • 被貼物に貼り付け、転写フィルムを剥がすと、転写上の透明な保護油が離型して、転写フィルムは印刷インクから分離されます。印刷インクのない部分には接着剤しかなく、それが転写フィルムに取られ、接着剤が切断された切れ目ができます。したがって、印刷された線が細すぎると、印刷が接着剤と一緒に引き裂かれやすいです。通常、印刷の端にはわずかな接着剤があり、それは引き裂かれて残る接着剤です。



水晶転写ステッカーで複雑な形状を表現

透明なステッカーと比較して、水晶転写ステッカーは薄くて精密な曲線の外形を表現できるだけでなく、ロゴや複雑な形状のパターンにも適しています。

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感


水晶転写ステッカーはスクリーン印刷のような質感を持っています

透明なステッカーと比較して、水晶転写ステッカーは端が精巧で円弧を帯びており、印刷が油インクであるにもかかわらず、インクの太さが少ないため、従来のステッカーよりもスクリーン印刷の質感に似ています。

水晶轉印貼紙 | 如同直接印刷的質感 | 乾式感壓轉印標籤転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感


白いインクで部分的な透明効果

局部的な不透明のデザイン効果を作るために、部分的に白いインクを印刷できます。

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感


耐候性と色あせに強い車用ステッカー

水晶ステッカーの印刷インクは、ほとんどのスクリーン印刷よりも厚いため、耐光性や褪色に対する効果が優れています。宣伝活動のための車ステッカーとしても適しています。

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感

転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感


傷に強く、洗練されたデザイン

クリスタルラベルはスチール製のブラッシングやハードピッキングを避けるためにウォーターボトルに貼り付けられており、インクは傷つきにくく、ある程度の防水性があります。削除する場合は、熱湯に浸けたり除去剤を使用することができます。全体をそっと剥がした後、除去剤を噴霧し、残りの接着剤を拭き取ります。過炭酸ナトリウムに浸すと簡単に全体が取れることがありますが、塗料または転写などの表面処理がされている場合、過炭酸ナトリウムが破壊される可能性もあります。

水晶轉印貼紙 | 如同直接印刷的質感 | 乾式感壓轉印標籤転写ステッカー印刷 | 車 ステッカー | ダイレクトプリントのような質感

bottom of page