偽造防止印刷パターン(ギョーシェ)デザインリスト | モアレ(Moire) | コピー防止

更新日:2021年7月20日

たとえ単純な一般の印刷で、偽造防止設計の技巧あるいはソフトウェアを運用して製造した偽造防止の紋様でも、同じ様にとてもよい偽造防止効果を備えています。当然偽造防止の紋様に特殊なインクあるいはレーザーの偽造防止効果を結合すれば、セキュリティのレベルは更に高くなりますが、商品の価値と価格によって予算を考慮して運用します。各種偽造防止の紋様デザインについて、その特殊性をわかりやすく下記致します。


 

1.モアレ(Moire)

透かし印刷による偽造防止加工は、色の塊の中に隠された「透かし模様」の効果により、肉眼では色の塊にしか見えませんが、専用のチェックシートをかざすと隠された図柄や模様が浮き上がります。


偽造防止印刷パターン

 


2.コピー防止(Anti-copying patterns, copy void)

レーザー光フィルム自身はコピーで複製出来ませんが、もし、レーザー偽造防止フィルムを選択していない場合に、コピー防止効果を持たせたい時は、この様な偽造防止のベース模様にする事が出来ます。左の写真は、コピーする前の状態で、一見灰色のベースに見えますが、コピーすると(右の写真の様に)特定の図柄や模様が浮き出ます。


偽造防止印刷パターン

 


3.彩紋(Guilloche Pattern,ギロシェ=丸い刺繍の様な図案)

フラクタル(幾何学的形状)、エンボス、版画、コピー防止...等偽造防止のベース模様。特定の数学的なロジック計算を通して、極めて複雑なライン或いは、図形の変化を作り出します。

模倣しにくいだけでなく、このタイプのデザインの特徴は、すでに有価証券の様な製品のデザインに特有の美感をもたらしていますが、模倣して作る唯一の方法は拡大して全面的に描写するしかありませんが、難易度は極めて高いです。


偽造防止印刷パターン