top of page

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

更新日:2月16日



酒ラベルの印刷情報とコンポーネント

葡萄酒の場合、ラベルには通常、ブランド、ぶどう品種、産地、年代、醸造所、内容量、認証などが記載されます。ここでの年代は通常、ぶどうの収穫年を指し、その年の気候条件がぶどうの品質に大きく影響します。

印刷される部品には、通常のフロントラベル、バックラベル、縮んだキャップのほかに、首のラベルやシールのラベルなどもあります。首のラベルは通常、装飾用途に使用され、一部の日本酒では、「直汲み」、「冷卸し酒」、「生酛」、「山廃」などの特別な醸造方法が首のラベルに際立って示されます。封口ラベルには、通常、DOCGなどの認証マークが表示され、開封によってシールラベルの特性が破壊され、品質認証の表示が強化されます。

各印刷部品は通常、ラベルステッカーであり、さまざまな素材と技法を組み合わせて表示されます。注目すべきは、熱で収縮する特殊な素材である #瓶蓋收縮膜 です。レーザー防偽技術と組み合わせることで、より良いシール効果を実現できます。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング


酒ラベルの印刷に使用される一般的な紙材

酒は高価な高級品であり、その包装に使用される紙の種類は多様です。銅版紙や模造紙のような一般的な材料のほか、水彩紙、リネン紙、あるいは特殊な質感の素面レーザー紙や光沢・マットなパール紙など、手触りの良い美術用紙がよく使用されます。さらに、半透明のシルバーPET紙などもあります。

特に光沢のあるパール紙は、真珠のような光沢があり、印刷後には微妙な金属光沢が現れます。この材料は美容製品でよく使用されます。また、Tyvekは防水性に優れ、豊かな紙の繊維の質感を持つ素材です。素面レーザー紙は銀底ですが、虹色の光の模様があります。特定の領域を白インクでカバーすると、さまざまなデザインの変化が生じます。


半透明のシルバーPET紙は、反射すると銀色の輝きを放ちます。さらに、視点を変えると容器内の液体の色が透けて見え、特別な視覚効果を生み出します。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

酒ラベルの一般的な印刷技術

酒ラベルは、カラー印刷に加えて、ホットスタンピングとエンボス加工を組み合わせることがよくあります。これにより、質感と手触りが向上します。特に最近は、光沢のある金色に代わって、マットなゴールドやローズゴールドなどの控えめな色合いのホットスタンピングフィルムがより主流になっています。

特許取得済 高精度ポジショニングホットスタンピング設備

エンボス加工は、デザインの質感をUPさせるわかりやすい技法の1つですが、それ程華やか過ぎずひかえめです。また、触った時の手ざわり感もUPします。白い紙の上のエンボス加工は、あまりはっきりしませんが、もしホットスタンピングした後、同じ場所にエンボス加工をすると、その陰影が更に浮き上がります。淩雲の3軸ポジショニング ホットスタンピング設備は、ホットスタンピングとエンボス加工を更に正確にポジショニングすることができます。

ワインラベルの印刷 | 3次元エンボス加工 | ホットスタンピング

ワインラベルの印刷 | 3次元エンボス加工 | ホットスタンピング

浮彫り箔押し | 立体的な凹凸印刷 | 3Dエンボス効果

ワインラベルは、印刷面の感触を表現するためにエンボス加工されることがよくありますが、一般的なエンボス加工プロセスには、凸面と非凸面の2つのタイプしかありませんが、「立体レリーフ加工」では、より詳細な凹面と凸面の変化を示すことができます。次の図は比較的単純な例です。一般的な丸みを帯びた押し出しとは異なり、「立体レリーフ加工」はエッジとコーナーの詳細を表示できます。

また、ブロンズ加工と同時に「立体レリーフ加工」をエンボス加工できるため、100%の精度を実現し、外観に影響を与えるエンボス加工やブロンズ転位を回避できます。

3次元エンボス加工 | ワインラベルの印刷

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

「立体レリーフ加工」は、アイドルやヨーロッパの看板など、バリエーションの豊富な色合いの画像を生み出すことができます。 「立体レリーフ加工」は、立体的な金属板をはめ込んだような質感を出すことができます。

3次元エンボス加工 | ワインラベルの印刷

3次元エンボス加工 | ワインラベルの印刷

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング


素材を変えて全く違う質感を表現できます。下の写真はフォッグフィルムの「立体レリーフ加工」で​​す。効果は抑えられていますが、不思議な感じがします。

3次元エンボス加工 | ワインラベルの印刷

The art paper itself has some textures. After embossing and hot stamping, the embossing effect is restrained. However, the texture variations is more rich comparing to the fog film.

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

ホログラフィック箔押し

私たちはホログラフィックフィルムをカスタマイズして製作し、ホットスタンプ法でワインラベルに取り付けることができます。防偽機能に加えて、装飾的な質感を表現することもできます。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

ホログラフィックフィルムは必ずしも金色や銀色である必要はありません。透明な場合もあります。カラー印刷に重ねると、色彩だけでなく豊かな光と影の効果を表現することができます。

ワインラベルの印刷 | 3次元エンボス加工 | ホットスタンピング

ワインラベルの印刷 | 3次元エンボス加工 | ホットスタンピング

特殊なダイシェイプ

ラベルのデザインは必ずしも四角形ではなく、複雑で 多様な型のデザインにする事ができ、更に自由で開放的なデザインにすることができます。しかし、製造工程には制限があり、一般的な刀型は、R0.5mm以上は問題ありませんが、特殊刀型とエッチング刀型の場合は、R0.1mm まで対応可能です。しかし、それに対応するためには 相応の費用が必要であり、製造工程の難度は当然高く なります。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

スクリーン印刷

スクリーン印刷の利点は、さまざまなインクの多様性にあります。局部的な光沢、グリッター、マットなどの効果を作成できます。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

エンボス加工

細かい線で構成された光沢のエンボスは、異なる角度から異なる画像を反射します。通常のホットスタンプとは異なり、より繊細な光と影の変化を表現することができます。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング


ボトルキャップ収縮フィルム

ボトルの口に収縮フィルムを装着し、加熱して収縮させた後、開封するためには破壊して取り外す必要があります。ボトルキャップの収縮フィルムは装飾と封緘の両方の機能を持ちます。全像防偽フィルムと組み合わせると、防偽機能がさらに向上します。

ワインラベルの印刷 | 立体レリーフ加工 | ホットスタンピング

Comments