top of page

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク


感温インクは、温度変化に応じて色が変わるインクです。高温を警告する場所によく使用され、高温のボイラーや設備に貼り付けて、スタッフに触れないように警告したり、設備の温度が高すぎることを視覚的に示して修理や調整が必要であることを知らせることができます。警告機能のほか、感温インクは創造的なデザイン商品にもよく使用されます。たとえば、熱いお湯を注ぐと色が変わるカップや、男性が狙いを定めやすい変色芳香ボールなどです。


可逆型感温インク | 温変インク

可逆型感温変色インクは、通常低温時に色があり、高温時には透明無色になります。明無色。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク


高温で透明になる感温インクは、よく「隠蔽」のシチュエーションで使用されます。まず、下地に図案を印刷し、その上に感温インクを重ねて印刷します。高温で加熱すると感温インクが透明になり、下地に隠れていた図案が現れます。このシチュエーションでは、黒色または濃い色の感温インクを印刷することをお勧めします。隠蔽効果がより良くなります。


体温を感知して変色することは、多くのデザイナーに好まれるテーマです。室温が高すぎて触れる前にすでに変色しないように、冷房の効いた部屋での使用をお勧めします。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク

これはレストランのメニューデザインです。感温インクで印刷されたメニューをコンロの上に置いて加熱し、メニューの内容を表示させることで、顧客の食事体験を楽しませることができます。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク

可逆型感温インクを使用した名刺デザインの例。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク

可逆型感温インクを使用したPVCカード印刷の例。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク
感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク

不可逆型感温変色インク

不可逆型感温変色インクは、通常低温時には白色または淡色で、高温時には濃色に変わります。温度が低温状態に戻っても色は戻らないため、「不可逆」と呼ばれます。通常、高温警告機能として使用されます。たとえば、物流過程で高温環境を経た場合、温度の記録を残すことができます。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク


液晶インク | 熱感変色インク | Liquid Crystal Ink

液晶インクと一般の温変インクはどちらも温度の影響で異なる色の変化を生じます。両者の明確な違いは、一般の温変インクは2色の変化しかない(通常は色付きと透明または白色の変化)一方、液晶インクは温度の上下によって6~12色の変化があることです。


液晶インクは、色の変化に応じて2種類に分類されます:

  • 12色液晶インク:低温から高温にかけて、色の変化は黒→赤→緑→青→濃青→紫→緑→青→濃青→紫→濃紫。

  • 6色液晶インク:低温から高温にかけて、色の変化は黒→赤→緑→青→黒。。


液晶インクの変色精度は一般の温変インクよりも高いため、「体温測定シート」に使用できます。精度の違いに応じて大まかに2種類に分けられます:

  • 装飾性または趣味用途:温度差の範囲は約±2.5°C。

  • 温度計用途:温度差の範囲は約±1~0.5°C。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク

液晶インクの豊かな色の変化は、アクセサリー、玩具、ギフト、工芸品、酒ラベルデザインなどにも利用されています。

感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク
感温インク印刷 | 温変インク | 液晶インク



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page