光学可変インクOVI(Optical Variable Ink)

更新日:2021年7月16日

光学可変インクOVI(Optical Variable Ink)は、異なった角度から見ると異なったインクの色に見えます。インクの配合が複雑で変化が多く、あぶり出しインクと同じく、各メーカーの配合が異なり、はっきりと効果が現れます。従って、独自性があります。紙幣に使用される光学可変インクは政府機関から管理コントロールを受けている原料で、その他の印刷工場がまったく同じような色の変化を作り出すことは非常に難しいです。


光学可変インクOVIには、仕様の際にとても簡単に真偽を識別できる利点があり、特殊な判読ツールも必要なく、見る角度を少し変えるだけで、インクの色が正確に変わっているか観察して真偽を確認することができます。


よりハイエンドな偽造防止は、偽造防止シェーディングあるいは花の図案をデザインをすることです。光学可変インクOVIで偽造防止シェーディングの印刷をするには、偽造者は同じような光学可変インクの配合がわからない上、非常に複雑な偽造防止シェーディングをトレースしなければなりません。筆者はかつて巧妙にデザインされた偽造人民元にこの問題を見つけました。類似する光学可変インクで作られていましたが、偽造防止シェーディングの描写が精密でなく、インクが広がり、くっついていたので、見識のある人は簡単に見破ることができました。


偽造防止印刷ライン」について知りたい方は、こちらのリンクをクリックしてください。






多種変色構成

光学可変インクには非常に多くの様々な変色の構成があり、様々なデザインの表現をコーディネートできます。しかし、様々な変色モードは様々な印刷ベースマップ上で、その変色の明瞭度も完全に同じではありません。場合によっては、非常に明確にする必要があったり、変色の効果を隠したい場合もあります。これは偽造防止デザインのニーズによります。





レーザーラインを複合して、偽造防止ラベルを完璧にします。

変色インクは、違った角度から見ると異ったインクの色に見えます。インクの配合は複雑で、同じ変色インクでも、各メーカー配合が完全に同じではない為、この様なユニークな現像が起こります。その加工工程は、通常独自の処理方法やコツが必要です。

変色インクの特色は、色の変化と配合の複雑性にあります。レーザーラインの特性は、高い解析度と機密性にあります。2つの高度で複雑な偽造防止技術を合わせる事によって、不正業者を防ぎます。


詳細な紹介を見る「