top of page

GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします

更新日:2021年10月14日

前回の文章(DMコード(Data Matrix)とは何ですか?)の中で、最初にGS1コーディングの原則を理解した後、ではこの四角くて黒いDMコードはどのようにして作るのでしょうか?DMコード(Data Matrix)は、単純な文字情報・URLさらには個人の名刺のデータも配置できるため、DMコード(Data Matrix)作成するソフトウェアはとても多いので、いかなるソフトウェアでもGS1のDMコード(Data Matrix)を作る方法がないか、いくつかの設定を行う必要があります。本文では2つの無料のDMコード(Data Matrix)のオンラインジェネレーターを皆さんにご紹介します。



ASPOSE

  1. GS1コードを入力します。このDMコード(Data Matrix)オンラインジェネレーターは、人間の目で識別可能な(HRI)のGS1コードを入力する必要があります。簡単に言うと、アプリケーション識別コード(AI)をすべて( )で囲む必要があります。図の例を参考にしてください。筆者は比較的ヒューマナイズされていて、初心者が比較的操作しやすいこのソフトウェアをお勧めします。もし本当にHRI、AIとは何か?わかっていない場合は、少し前の文章を復習してください!(DMコード(Data Matrix)とは何ですか?)

  2. GS1 Data Matrixを選択してください。

  3. 画像サイズとファイル形式を設定してください。

  4. Generate Barcodeをクリックすると、プレビュー画像及びDownloadのボタンが作成されます。


GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします


TEC-IT

  1. 2D Code>Data Matrixを選択します。

  2. GS1コードを入力します。このDMコード(Data Matrix)オンラインジェネレーターは、( )でAIコードを入力する必要はありませんが、下の「Evaluate escape sequences」をチェックし、GS1コードの先頭に\F を入力して、DMコードジェネレーターにこれがGS1コードであることを知らせ、標示コードを自動配置する必要があります。

  3. 注意しなければならないことは、もしコードの中に同時にシリアルナンバー・ロット番号等このような固定でない数字のコードがある場合は、\Fで区別する必要があります。図のコーディング方法をご参照ください。

  4. このソフトには、とても推奨に値する特徴があります。それは一度に複数のDMコードを作成できることです。各組GS1コードを分けて入力して、「Generate one barcode per row」をチェックして、Downloadをクリックすると、複数のファイルが自動的に保存されます。筆者は一度に作成できる上限数量を特別にテストはしていませんが、一般の少量使用者にとっては十分なはずです。

  5. このプラットフォームはHIBCコードの作成も提供していて、ヘルスケアコードメニューから必要な書式を選択することができます。


GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします


BarTender

  1. Bar Tenderは大量のDMコードを作成し、バーコード機あるいは出力デバイスと連動して印刷物に同時印刷することができます。しかし、この機能を使用する場合は、料金を支払う必要があります。ソフトウェア以外に印刷設備や印刷材料も購入する必要があります。マーケットにはこの様なサービスを提供できる印刷工場が多くあります。メーカーを探して対応したり、ご自分で関連するソフトウェアやハードウェアを購入して、作成することもできます。

  2. Bar Tenderは親切に少量DMコード作成のソフトをオンラインで提供していますが、筆者が行ったテストにいささか問題がありました。操作上の問題かどうかわからないので、こちらの無料サービスはとりあえずお勧めしません。もし少量のニーズがある場合は、前項でご紹介したいくつかのオンラインプラットフォームをご使用ください。


GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします


閲覧数:3,082回

Kommentare


bottom of page