GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします

更新日:2021年10月14日

前回の文章(DMコード(Data Matrix)とは何ですか?)の中で、最初にGS1コーディングの原則を理解した後、ではこの四角くて黒いDMコードはどのようにして作るのでしょうか?DMコード(Data Matrix)は、単純な文字情報・URLさらには個人の名刺のデータも配置できるため、DMコード(Data Matrix)作成するソフトウェアはとても多いので、いかなるソフトウェアでもGS1のDMコード(Data Matrix)を作る方法がないか、いくつかの設定を行う必要があります。本文では2つの無料のDMコード(Data Matrix)のオンラインジェネレーターを皆さんにご紹介します。



ASPOSE

URL:https://products.aspose.app/barcode/generate/datamatrix#result

  1. GS1コードを入力します。このDMコード(Data Matrix)オンラインジェネレーターは、人間の目で識別可能な(HRI)のGS1コードを入力する必要があります。簡単に言うと、アプリケーション識別コード(AI)をすべて( )で囲む必要があります。図の例を参考にしてください。筆者は比較的ヒューマナイズされていて、初心者が比較的操作しやすいこのソフトウェアをお勧めします。もし本当にHRI、AIとは何か?わかっていない場合は、少し前の文章を復習してください!(DMコード(Data Matrix)とは何ですか?)

  2. GS1 Data Matrixを選択してください。

  3. 画像サイズとファイル形式を設定してください。

  4. Generate Barcodeをクリックすると、プレビュー画像及びDownloadのボタンが作成されます。


GS1 Data Matrix(DMコード)の作成方法、無料オンラインジェネレーターをお勧めします


TEC-IT

URL:https://barcode.tec-it.com/en/DataMatrix