DMコード(Data Matrix)とは何ですか?GS1/HIBC/UDI/GTIN/ECC?この文章を読めばわかります!

更新日:2021年7月26日

DMコード(Data Matrix):ウィキぺディアの説明では、「正方形または長方形の黒と白のカラーブロック(セル)で構成される二次元バーコード(マトリックスとも呼ばれます)」となっています。実はその見た目と使用目的も私たちがよく知っているQRコードとよく似ています。簡単に言うと、人が理解できる「文字や数字」を機器が理解できる「コード」に変換できるので、データの転送や読み込みに便利です。


下図左側はDMコードで、右側はQR Codeです。両方ともスキャンして出て来るのは同じ様にhttps://www.holoteam.comのURLです。


DMコード(Data Matrix)とは何ですか?GS1/HIBC/UDI/GTIN/ECC?この文章を読めばわかります!

DMコード(Data Matrix)は、QRコードよりもわかりにくいです。その理由の1つは、そのユーザーの大半が商品のメーカーや検査ユニットであり、一般の人はあまり使用しないからです。最終ユーザーはおそらく店舗でPOS機器を操作する店員になります。もう1つの理由は、これらのメーカーが使用するニーズに対応していくつかの国際規格の取り決めがあるからです。国際規格を見ると、その中には多くの理解できないコード・規範があることが想像できます。人々が理解できない所は主にここにあります。

あなたがわからないのは国際規格であり、DMコード(Data Matrix)ではありません。

英語のシステムは、本当に多くの略語を使うのがとても好きです。便利ですが、よく人を混乱させ理解しがたい時があるので、この項ではキーワードを解釈する名詞を除いて、できるだけ各種略語をスキップして初心者にもわかりやすくしました。もし詳しく知りたい人は、再度個別で調べてみてください!また、中文の中の「バーコード」は、実は一次元と二次元の総称であり、初期に使用されていた主流は一次元コードで、これはつまり一本一本の黒い線で、英語では「Barcode」と呼ばれていました。「Bar」は一本一本の黒い線の意味で、中国語の直訳は「條碼」です。一次元コードと二次元コードの間に「スタッキングコード(Stacked Linear Code)」という物があります。これは、複数の一次元コードを積み重ねて出来ています。その後二次元コードが開発され、QRコード・DMコード(Data Matrix)等の「バーコード」の名前は、これらの二次元コードを想像するのにあまりふさわしくないように見えましたが、中国語と英語の体系の中では新しい名前は発明されませんでした。したがって、まだ総称は「バーコード」です。