レーザー製品ラベル | 食品ラベル | scratch off label | 化学ラベル | 自動ラベル

更新日:2021年9月14日

どうして高級ブランド品から、スーパーのクッキーまでいろいろ見てみると、大多数の包装ケース上に印刷があるのに、更に1~2枚シールを貼る必要があるのか、考えた事がありますか?紙の箱は、すべて印刷出来るのになぜシールの存在があるのでしょうか?強いて探求してみると、理由は本当に少なくなく、ある物は包装やシール口を閉じる目的のものであったり、ある物は、輸入商品の為、言語の翻訳であったりします、、、

短い時間では、言い尽くせませんが、今日は、皆さんに「製品ラベル」のステッカーについて紹介しましょう。

ほとんどのブランドメーカーの製品は、皆非常に多様で複雑で、時々同じ商品でも更に細かい部分が違う規格の場合があります。或いは、規制の改正に応じて説明を表示したり、もし、各商品の全ての情報が包装ケースや缶に書いてあったら、包材がとても多くになってしまい、管理がより困難になってしまいます。

更に規格変更により、ゴミになってしまったりするリスクも増えます。従って、多くのブランドメーカーは、先に固定規格の包材を作り、変更或いは、修正のあった情報は、再度ステッカーを貼付する方式によって表示する様になりました。こうして、「製品ラベル」の様な物が生まれました。



Hologram product label | Food label | Chemical Labels | Automatic Labeling

 


最も簡単に見過ごされるパッケージデザイン

デザイン性のある製品ラベルは、包装デザインの過程において、普段見落とされがちな項目です。後で軽率に作った粗末なラベルは、結局どこか適当な所に貼る事になり、包装デザイン全体の品質を損なってしまいます。だから、包装デザインをするのと同時に、デザイナーと製品ラベルは本当にとても重要であると強調します。必ず使います!必ず良く考えて、且つ美しく作って下さい!

よく設計して下さい!よく設計して下さい!よく設計して下さい!とても重要なので、三回言います!


Hologram product label | Food label | Chemical Labels | Automatic Labeling

 


偽造防止製品ラベル

もし、製品に偽造防止対策を必要とするなら、製品ラベル上に偽造防止デザインを合わせた物を作るのも、一つの方法で、もう一枚ラベルを作るコストを抑える事が出来ますし、偽物が出回るのを避けることも出来ます。