偽造防止セキュリティクーポン券

マーケティングの手法は沢山ありますが、その中でも最も簡単で、且つ有効的な方法とされるのが「クーポン券」です。

なぜでしょうか。

それは、クーポン券には価値があるからです。人は、価値あるものをとても大切に保管し、大切に使用します。クーポン券には、お客様をお店へ呼び寄せ、買い物をしていただく以外にも、クーポン券上のイラストや文に宣伝効果があるので、消費者に何度もお店を認識していただくための媒介者の役割もあります。つまり、クーポン券は、ブランドの最優秀親善大使ではないでしょうか。

顕性の偽造防止設計は、はっきりと偽造防止の表明ができ、更に価値あるものにします。一方で、陰性の偽造防止設計は、模倣難易度を更に上げ、また、生産者と取次販売店の権利を守ります。クーポン券のマーケティングの目的を達成するためには、クーポン券に「目に見える」価値の設計をするだけでなく、「本来ある」価値を持たせる必要があります。これで、何故クーポン券に偽造防止設計が必要なのか、ご理解いただけたと思います。ある種の偽造防止設計は、紙幣設計に類似しており、本来ある「価値」を生み出しているのです。

クーポン券は、ブランドのスポークスマンです。このような設計無くして、スポークスマンの役割が務まるでしょうか。


チラシの多くはゴミ箱に捨てられますが、クーポン券は財布にしまわれ、また、大切に保管されたりします。これが、「価値」です。

偽造防止セキュリティクーポン券