偽造防止セキュリティチケット

ジョニー・デップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」をご覧になったことはありますか?

劇中では、「チャーリー・バケット」という男の子が金色のチケットを引き当て、チケットを売って大金と交換し、家計を助けようと考えましたが、悩んだ挙句、結局、この金色のチケットを売らない選択をしています…。

なぜなら、この金色のチケットはチョコレート工場への「入場券」でもあったからです。

このお話からもわかる様に、チケット、または入場券は、人々にとってはワクワクするような「体験」であり、その価値は、人々がいくら払ってその体験を買いたいかに値します。では、『思い出のチケット』をどのように設計すればいいのでしょうか。

設計において、偽造防止設計は、基本的な要求であり、その価値がどのくらいのものなのか表現できます。また、設計では、マーケティング、及びコレクションの目的を満足させなければなりません。


偽造防止セキュリティチケット

イベントのテーマ、及びブランドの識別はチケット設計のポイントであり、マーケティングの宣伝以外に、コレクション収集させたり、記念に残しておきたいと思わせることもポイントになります。

チケットの設計では、「系列性」の展開を持たせても良いです。大人用チケット、子供用チケット、優待チケット、ゲストチケット等で、それぞれに設計に系列性を持たせることで、各身分毎に特別感を持たせることができ、また、設計上でも表現の幅が広がります。印刷上で「多種の版型」を合わせて使うことも可能で、また、デジタル印刷方式(少量生産で価格も安い)も可能です。

 

点線スリッター法は簡単で、用途も沢山あるので、種類に応じて使用できます。スタブレシートは、入場の際に切り取り、半券として使用できます。バインディングの後にでも設計可能で、切り取って使用するには、更に便利です。点線スリッターによって、チケットの完全性を保て、また、消費者の権利を守ることもできます。

偽造防止セキュリティチケット

偽造防止セキュリティチケット

 


チケット技術によって、異なるバインディングができます。本のような質感、完成度、美しい外観に加え、クーポン券がバラバラにならないようになっています。