top of page

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

更新日:2月19日

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル

医療看護環境では、患者の検体・テストサンプル・採取サンプル等のアイテムは非常に繁雑で多様です。うっかり検体を間違えてしまうと、大変な結果を招いてしまいます。一般的なラベルを使用して識別すると、ラベルの貼り直し・位置変更(移動)等の際に人為的ミスの発生は避けがたいです。タンパーエビデントの病理検体ラベルは、開封時に痕跡を残すことで、封緘が不正にされていないことを確認します。


開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

「開封防止」の遮光実験瓶封緘

研究室では、遮光実験瓶の内容物は外部から見えないため、ラベルの正しい表示が特に重要です。その使用シナリオは病理検体ラベルと類似しています。

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

不転移封緘

頻繁に開封が必要な場合、「不転移封緘」の使用をお勧めします。これらの封緘は瓶に残留物を残しませんが、ラベルには明らかな損傷痕が生じます。内容物が正しいことを確認した後、新しい封緘を貼り直し、パッケージャーや日付などの情報を更新してください。

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

完全転写封緘

開封後に再封が必要ない場合、「完全転写封緘」を使用できます。ラベルには明らかな損傷痕が生じ、瓶に文字の残留物が残ります。ラベルがなくなっても、容器が開封されたことを明確に識別することができるため、誤用や責任の問題を回避できます。

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル

開封防止 タンパーエビデント 病理検体ラベル | 遮光瓶シール | 医療ラベル


関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page