top of page

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

フラットプレスタイプレタープレスラベル印刷プロセスは、一台の設備上で4色印刷・コーティング・シールギロチン・UV硬化・裁断をし、ラベル印刷の完全なプロセスを完了することができます。1つのプロセスを完了する精度は±0.1mm以内で、大幅に生産コストを下げられます。



 


インク付きが厚い

ロータリーレタープレス印刷あるいはオフセット印刷と比較して、フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷の印刷板は平らに押し下げられた印刷で、より圧力と平坦度が大きくなり、大面積のカラーブロックの印刷では色彩が更に飽和します。

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

 

圧力はフラットで柔軟です

インクの付く量がオフセット印刷に比べて厚く、圧力が比較的高いので、エンボス紙やアート紙の印刷が比較的扱いやすくなり、紙のシルクラインにインクが食い込みやすくなります。

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

 

コーティング・ギロチンが1回作業

機械の後半ですぐにコーティング(光沢フィルム・フォグフィルム...)すると同時に、ギロチンで廃棄物を排出し、高効率で低コストになります。

フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

 

UV硬化インク

インクの硬化方法によって分類すると、最もよく見られるのは、「熱硬化」と「UV硬化インク」の2つです。UV硬化インクは、UV光を照射するとすぐに硬化します。効率が良く、インクは厚く、光沢があり、エンボス加工に使用します。これに比べて熱硬化インクはコストが低いです。硬化時間が比較的長いため、紙材はより多くインクを吸収し、インクがより滑らかになります(比較的薄く感じます)。


材質の適用性の観点から言うと、インクが付着しにくいプラスチック材質、例えばPET(テトロン)・PVC(リロン)はUV硬化インクが通常付着性が比較的良く、もしフィルムで保護されていれば、ほとんど問題ありません!


フラットプレスタイプ レタープレスラベル印刷

閲覧数:35回

関連記事

すべて表示
bottom of page